二重まぶたの脂肪取りって必要?

二重まぶたの脂肪取りって必要?

まぶたが分厚くてお悩みの方も多いかと思います。
私も皮膚が厚く脂肪もあるタイプでしたので
普通に埋没法をするとボンレスハムになると感じ、
1回目の埋没法のときからまぶたの脂肪取りを一緒に行いました

▼目次

    1. 二重まぶたの脂肪取りを行うとどうなる

■まぶたの脂肪が厚いと二重が取れやすい?
■まぶたの脂肪の種類
■ダウンタイムは?
■【実体験】眼窩脂肪をとるとまぶたが多少薄くなる!
■【実体験】ROOFを切除する眉下切開の効果は?

  1. 二重まぶたの脂肪取りを行うとどうなる
  2. 瞼の脂肪取りにおすすめのクリニック
  3. まとめ

まぶたの脂肪が厚いと二重が取れやすい?

まぶたの脂肪が厚いと二重が取れやすい、不自然になりやすいといわれています。

■まぶたの脂肪の種類

まぶたには2種類の脂肪が付いています。
眼窩脂肪(がんかしぼう)」と「ROOF(ルーフ)」です。

一般的に眼窩脂肪よりもROOFを切除した場合のほうが効果的です。
管理人は1回目の埋没法のときに眼窩脂肪を取って
のちにROOFを眉下切開で取り除いています。

■ダウンタイムは?

眼窩脂肪を取る場合は針穴程度の穴からになりますので2日~7日
ROOFを取り除く場合は眉下を切開して縫い合わせますので抜糸も必要になり
1週間~2週間必要になります。

二重まぶたの脂肪取りを行うとどうなる

■【実体験】眼窩脂肪をとるとまぶたが多少薄くなる!

実体験から申しますと、眼窩脂肪については効果は微妙ながらありました
限定的だったように思います。
現に、私は3年後に埋没法は薄くなり2回めの埋没法を行いました。
眉下切開を行った時にはじめてまぶたがすっきりしました。

■【実体験】ROOFを切除する眉下切開の効果

まぶたをスッキリさせるには、1番効果がある方法かと思います。
私はこの手術をしてからまぶたが軽くなり垢抜けた印象になったと思います。
しかしながら、顔のバランスによっては老けて見えてしまう可能性もあるため
先生としっかりカウンセリングをする必要があります。

瞼の脂肪取りにおすすめのクリニック

1位:ガーデンクリニックの二重整形
脱脂(マイクロカット法)…180,000円
2mmほど切って脂肪を吸い出します。
まずはライトに眼窩脂肪をとってから考えるのも良いと思います。

2位:湘南美容外科クリニック
種類が豊富な湘南美容外科は手術料金も比較的安価。
眉下切開法も
マイクロリポサクション法(眼窩脂肪取り)54,280円~もメニューにあるので安心ですね。
まずは湘南美容外科でカウンセリングも良いと思います。

まとめ

加齢によってまぶたの厚みは減っていくものですので
10代で二重まぶたの重さに悩んでる方は
まずは眼窩脂肪をとって様子を見るといいと思います。

20代になり、物足りなくなったり2回めの埋没法をする際は
ROOFの切除も検討してもいいとおもいます。

私は眉下切開でROOFを切除して大変満足しています♪

▲目次にもどる

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL